MENU

ランドセルの人気のポイント

ランドセルも昨今では人気のポイントも変わってきました。
実に多種多様化されてきており、人気のランドセルのポイントが年々変わってきています。
では実際に購入するポイントはたくさんある中からいったいどこなのか気になりますね。

 

色で選ぶ

1番の人気のポイントは、まずは豊富になったカラーですね。
今のカラーバリエーションといったら、24色などCM等でもよく耳にされます。
昔は女の子と言えば赤、男の子と言えば黒だったのが、今では24色で淡い色合いもあります。

 

ランドセルを色で選ぶかたのページはこちら

 

デザインで選ぶ

2番目には、これも豊富になったデザインがポイントなんです。
パッチや刺繍、ラインが施されているものなど、女の子なら可愛いものが目に付いてしまいますよね。
若いママさんもついつい可愛くて、我が子に買ってあげたくなってしまうようなデザインもあります。

 

ランドセルをデザインで選ぶかたのページはこちら

 

機能性で選ぶ

そして3番目には意外と機能性なんです。
長く使う物だから機能性は1番かと思いきや、意外と今のお子さんには色やデザイン重視なんですね。
しかし、機能も進化してきていますから選ぶ時には、ぜひ注目してみる1つのポイントですね。

 

ランドセルを機能性で選ぶかたのページはこちら

幅広い価格での選び方!

ランドセルの選び方も色々と悩んでくると思いますが、お財布の方も気になります。
価格が幅広いので、お財布との相談にもなってくる部分もあります。
ランドセルの価格として、大雑把に言えば2万〜8万くらいのものがあります。
もちろんオーダーメイドなどになってくると、まだ高い物もあります。

 

 

インターネットでの価格がだいたい2万〜6万くらいになります。
もちろん、それは機能性やデザインなどによって変わってきますし、ブランドものによっても変わります。
また、CM等などでもよく目にする大手のショッピングセンター等でしたら、3万〜4万程度であります。
天然牛革などになってきますと、手作業になってきますので、価格も上がってきます。

 

 

選び方としては総合的にお子さんに合った物を、手頃な、見合った価格で購入したいのが本音です。
確かに高い物にはそれなりの十分な魅力がありますが、お財布との相談もありますし、価格まで視野に入れる選び方をお薦めします。

長く使うからこそ耐久性での選び方!

ランドセルの選び方で、意外とお子さんが忘れがちな事が耐久性なんです。
ご両親は6年間使う物だから耐久性も大事になってくる、と慎重に選ばれるでしょう。
耐久性はやはり重要で、合成皮革のランドセルと天然物の牛革等では断然変わってきてしまいます。

 

 

天然の牛革ですと傷などにも強く、大変耐久性に優れます。
その分、重量が多少重くなったり、万が一の修理時に費用もその分高めにかかってしまいます。
しかし、合成皮革のメリットは軽い事や防水性に優れている事です。
ですから、選び方として耐久性を上げるならどちらを選ぶかになりますが、男の子には耐久性のあるものが人気があります。

 

 

選び方としては、防水性、傷がつきにくい、重量、どれをとっても悩むところではあります。
価格の問題もありますし、天然の牛革などになりますとお値段も上がってきます。
しかし、ランドセルは6年間使う物ですし、思い出の品になるので少々お高いものでも今は人気があります。

ランドセルの選び方記事一覧

ランドセルの選び方として、人気のポイントでも1番だった、カラーからまずは選ぶ方法ですね。しかし、まだ6歳のお子さんに今後6年間使用する色なら迷ってしまいますね。もちろん、現時点でお好きな色はあると思うんですが、12歳まで使うとなると悩んでしまいます。ご両親はできたら本人が好きな色がいいだろうと悩まれるかもしれません。選び方もカラーバリエーションが豊富になったからこそ悩むわけですが、やはりその中でも...

他には選び方として、ランドセルのデザインも、以前からは想像もつかないくらい豊富になってきました。刺繍がしてあるものや、形もお子さんが背負った時に負担の少ないようなデザインもあります。外見は一見普通のランドセルもカバーを開けると中が可愛いデザインの物など多くあります。デザインでの選び方も重要なポイントです。デザインが凝っていると、重さが多少は差が出てきます。しかし、刺繍されている柄などはレースやティ...

ランドセルの人気のポイントとして意外にも3番目だった機能性ですが、是非機能性での選び方も大変重要です。6年間使用するわけですから、もちろんお子さんも成長されていきます。そこで体に馴染みやすい機能性を兼ね備えた選び方です。難しいように聞こえますが、簡単な事なんです。まずは選び方として、低学年時では重量なども気になりますし、ランドセルとしての構造上のバランスもあります。だんだんと高学年になるにつれて、...

このページの先頭へ