小顔に見える髪型 ロング

小顔に見える髪型!ロングの人はこれがおすすめ

MENU

自分の顔型をチェック

小顔に見える髪型 ロング

 

自分の顔の大きさにコンプレックスがある。

 

こんな女性も多いのではないでしょうか。
少しでも顔を小さく見せるためにロングヘアで顔周りを隠しているという方もいるかもしれません。

 

小顔になりたい。

 

自分の似合う髪型で小顔に見せたいなどの願望がある方は、自分の顔型をチェックして小顔に見える髪型をチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
小顔に見える髪型を実現するためには、自分の顔型を知ることから始めましょう。

 

顔がロングタイプの方、たまご形、四角形、丸型などのがありますが、それぞれの顔型によって小顔に見える髪型には違いがあるので要注意です。
最も重要なのは、どんな顔型であっても顔と顔のバランスがひし形になることです。
きちんとひし形になっていることで、小顔に見せることも実現します。

 

丸顔の方の場合、頬がふっくらとしている方が多く、どうしても顔が大きく見えてしまいます。
また、幼く見えてしまうこともあるでしょう。

 

丸顔の方の場合、前髪をリップラインに沿って横幅のボリュームが出ないようにカットすることが大切です。
頬をサイドの髪で隠すようにするといいでしょう。

 

また、トップにボリュームを持たせてふんわりとさせるヘアスタイルがおすすめです。

タイプ別、小顔に見える髪型

小顔に見える髪型 ロング

 

顔の長さが横よりも長いタイプの方が、面長です。

 

面長の方は、年齢よりも大人っぽく見られることもありますが、可愛らしい印象を実現するならトップのボリュームを控えめにすることが大切です。
また、前髪を作ると小顔効果があります。
額を隠すことで縦長の印象を和らげる効果があるのでおすすめの小顔になる方法です。

 

たまご形のタイプの顔型に憧れているという女性も多いのではないでしょうか。

 

たまご型のタイプの方が小顔に見せる髪型を実践するのであれば、サイドをふんわりさせるといいでしょう。
サイドをふんわりとさせることで可愛らしい印象を作りだすことができます。

 

顔が平面的でえらが張ってしまっているベース型の方は、トップにボリュームを作るヘアスタイルがおすすめです。
また、パーマをかけたり髪のボリュームを作ることが大切です。
顔を出してしまうようなヘアスタイルやサイドの髪を耳にかけるようなヘアスタイルは、顔の形が強調されてしまうのでおすすめできません。

 

顔型のタイプによって小顔に見える髪型には違いがあるので、プロの美容師に相談することも重要なポイントです。
技術力のある美容師にお任せすることで、小顔効果を実感でき魅力的になれます。